ななめログ

世の中の出来事を角度を変えて読んでみます。が,NFLシーズン中はそちらについても・・・。

SMAP解散を庶民感覚でみると,本人たちや事務所はファンのことを考えていないと思ってしまう

 私見として,アイドルとか芸能人は公人となります。ですので,有名人がたまに言う「プライベートを邪魔されたくない」とかって売れたはいいけど仕事とプライベートの線引きをさせて,という身勝手な論理に国民はつきあう必要はありません。もちろん,芸能界を引退してしばらく経てば話は別です。

 

 以上の私見をもとに,SMAP解散の話を庶民感覚でナナメにみていきます。

それにしても,さまざまな情報が出ていますね。

SMAP解散メンバーコメント全文 中居「申し訳…ありません」行間に見える温度差 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

SMAP解散の内幕 香取が強く解散望む 中居は木村と対立も解散想定せず (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

ジャニーズ事務所の新体制は盤石 SMAP解散、メンバー残留で組織引き締めへ ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

当然,SMAPは超がつく人気グループです。もはや5人やその事務所の人たちが活動の制限や幅を決めることはできないはずです。

では,誰が決める権利があるのか?

答えは,ファンや国民です。

 

 

それなのに,今回の解散は事務所ファースト,もしくはメンバー・ファーストが色濃く出ています。ファンの意思はどこにあるのでしょうか。

事務所の一部の方は引き留めを図ったでしょう。しかし,別の側面からみると「あのSMAPをバラバラにしてでも事務所のメンツを守り,組織を盤石にする」とも見えます。

一方,メンバーの方に目をうつしても,解散経緯の文脈だけ見れば「他のメンバーがなんと言おうと,自分が解散したい」と思う人がいたということ。呆れてしまいます。これを読み解くのが,解散発表のコメントです。もちろん,事務所の手が加わっている可能性もあります。ですので,本人たちが何かのタイミングで話してもらうことが,一番本音が分かりやすいかもしれません。

これら,事務所とメンバーによる解散決定の過程にファンのことを考えている要素はどこかにあるでしょうか。事務所のメンツ,メンバーとの確執・・・。負の連鎖に見えてなりません。

 

私はジャニヲタではありませんのでなんとも思わないのですが,いままで大金を使い込んだファンたちはこの事実をどう思うのでしょうか。

賞味期限が切れたから解散。

仲が悪いから解散。

など,自己中心的な論理は正直悲しいです。

 

ボロボロのボロぞうきんになってでも活動して欲しいです。その姿勢をみてファンは,自分の人生を照らし合わせ「また,明日も頑張ろう」という気になるのではないでしょうか。

そして最後は誰が見ても満場一致で「解散やむなし」という過程の解散をするのが一般庶民からお金を取っている芸能人の努めではないでしょうか。