読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななめログ

世の中の出来事を角度を変えて読んでみます。が,NFLシーズン中はそちらについても・・・。

参議院選挙特番 勝手にランキング

テレビ 政治 時事

タイトルはすごい昭和風ですが,他にタイトルが浮かばす。一度このタイトルが浮かんでからは全然頭の中から消えてくれませんでした。

 

それでは昨日行われた参議院選挙の特番について勝手にランキングします。これは製作者視点ではなく,視聴者からの目線です。これ見たテレビ局の人たちはプンスカしないでください。(見ないと思うけど)

なお,公共・民放局を中心にしています。ネット放送などは除外しています。ですので,6局での争いです。

 

それでは,

No. 6 テレビ朝日(選挙ステーション2016)

 まず,はじめに言っておきます。多分,私が見た民放局の中で一番視聴時間が短かった番組です。富川アナに代わっての初めての選挙特番。富川アナの並々ならぬ意気込みは伝わりました。だがしかし,安部首相との中継ではすこし「やっちゃった」とも思える場面がありました。多分,すこしでも安部首相の考えを引き出そうと思ったのでしょう。しかし,今回は相手の方が一枚上手。質問に対する答えを引き出すには至らず。最後には負け台詞とも感じるような発言でしめ同意を求めるように後藤さんに引き継いだら,後藤さんは別の案件について質問されておりました。その際の,安部首相の首をかしげるようすは理解できましたが,あれを見るとちょっとだけ富川アナがかなしく見えました。あれだけで,この順位は・・・と思いましたが,正直他の局もドングリの背比べなので安心してください

 

No. 5 日本テレビ (ZERO×選挙2016

 怒りん坊の村尾キャスターを軸に,アイドル,女優,直木賞作家芸人を並べ立てた選挙特番。正直感想がないというのが本音です。私が見たタイミングが悪かったのでしょうが事前に収録したVTRばかりが流れている印象でした。ただし,社会における問題点を指摘したVTRもありました。勉強になりました。ただし,この後に出てくる民放局のくだらなさを考えるとこのサイトの主旨(世の中をナナメに見る)上この順位となってしまいました。

 桜井君が質問していたんでしょうか?なんかちょっとハラハラしながら見ていたのがありました。もっと安定感があるのかなと思っていたけど,案外ウブでその箇所は良かったです。

 

No. 4 フジテレビ (みんなの選挙2016)

 宮根さんが出演とのことで正直心配だった番組。いつもなら伊藤アナがちょっと軽いことを言うのですが私が見た範囲では仰ってなかったようですが・・・。それだけ気合を入れていたのか,宮根さんのことが心配だったのか。あとニコルンのことも。

 途中,宮根さんが山口代表とのインタビューでグッとまじめそうな顔して聞いていました。私は「ああ,本質を突こうとしているのかな。」と思ってみていました。多分質問もそんな感じのことでした。でも山口代表は動じず。最後に宮根さんは,「山口さんって面白い人ですね」みたいなことを言って中継が終わりました。って,は?連立与党の党代表を捕まえて,自分の答えに揺さぶられなかったら「面白い」のような主旨の発言ってするんですか?正直,負け犬の遠吠えに見えてしまい,富川アナ以上にかわいそうに見えました。あと,あの件(くだり)の質問は宮根さんレベルには荷が重すぎます。池上さんのようにスマートに聞き出す方法じゃないと無理です。

 ニコルンはいまの若者層の代表という位置づけでしょうか?でも議場入り口の登院掲示板を見て,「うわ,学校だったら最悪ジャン」みたいなことを言っていました。あれ?若者の代表の意見ですか。違うと思いますよ。人選ミスですね。あの世代で若者代表を選ぶのなら,松岡茉優さんとかAKB48あたりじゃだめでしたか?ただし,ニコルンと同等クラスを探すという趣旨なら,芦田愛菜ちゃんや福くんとかでしょうか。いや,ディスっていないですよ。ニコルンの苦労話を聞いて感動したこともあります。ただ,選挙特番というフォーマットに藤田さんの居場所はあったのかなという純粋な気持ちです。

あと,スタジオでの一般の方のとの討論について。企画や趣旨は良かったのではと思います。しかし,会場の一般人の方に答えてもらおうとマイクをもたせるのですが,マイクが下がるとすぐにそのマイクを上げようとするスタッフが大変失礼でかなりカチンときました。それなら最初からスタッフが持っておけばいいのに。

 まぁ,なんだかんだでやっぱここの番組が最下位のような気がしますが,さっきも言いましたが,ここいら辺はTBSさんも含めドングリの背比べです。

 

No. 3 TBS (選挙スタジアム2016)

 この番組が,私を最もいらいらさせた番組でした。その詳細は以前のエントリーをご覧ください。まぁ,始まる前は「構想3年のGIVとかSMV」とか言ってましたが,ふたを開ければ微妙でした。世に言うところの企画倒れですね。あれ活用されていたのでしょうか。なぜかというと,私は地方に住んでいて,途中で地方の選挙速報が随時入っていました。それは構いません。むしろいいことです。しかし,キー局中心に導入した企画があまり活きていませんでした。なんか途中で見てもぼんやりです。さらに池上さんのところを中心に見るとさらに活用されているのか分かりませんでした。

 あと,恵さんは中継とスタジオのつなぎが光っていました。しかし,そのポジションは普通アナウンサーの方がなさったほうが引き締まると思います。恵さんはもっと別の役割があったのではないでしょうか。関口さんが出ないとすねたから(想像)かもしれませんが,恵さんにはとんだ災難でした。

 

info-61.hatenablog.com

 

No. 2 NHK (NHK2016参院選

 なにも悪くありません。進行も武田アナで,予想どおりでした。良かった。地方の選挙速報も入れすぎじゃないかと思うほど適宜入っており,情報収集には役立ちました。ありがとうございました。ですので,3位以下をぶっちぎりで引き離しての2位です。当然,NHKですので,TBSやフジなどの苦笑い要素は全くありません。

 次回も期待しています。

 

No. 1 テレビ東京 (池上彰参院選ライブ)

 盤石の1位です。公共放送では聞けない,党首や幹部へのチクっとした質問(いわゆる池上無双)。いつもの小泉進次郎さんのおっかけなどの名物企画などてんこ盛りでした。前はアポなしで突入した創価のビル訪問は今回はきちんとアポとったんですね。よかった。家庭訪問の場合は常識ですからね

 1年生議員,といいますか議員になったばかりの議員への質問も容赦ないですね。質問の答えが的外れなものなら,「ほーん。てっきりご存じでいらっしゃると思っておりました。」など,ひょうひょうと議員になったばかりの方への質問もまさに無双。たしかに,今議員になったばかりとはいえ国民の代表です。「知らない」とか「これから話を詰めます」とかではすまされません。

 今回の安部首相との中継は勉強になりました。池上さんの「相手の考えを引き出す質問力」は大変なものだなと感じました。多局でも少しでも引き出そうと血気盛んに飛び込みましたが,正直不満が残りました。たしかに池上さんが100点かというとそうではありませんが,きちんと返答してもらいたいことを引き出し,そのあと捕捉で「つまり,・・・という訳ですね?」のような感じで再質問するのはピカ一でした。富川アナ(テレ朝)頑張れ!

 それから,テレ東の名物の当選議員プロフィールについて。大変良かったのですが,他のキー局が真似しすぎてちょっと食傷気味です。ただ,テレ東のプロフィールはあれでなきゃいけないと思います。ですので,他局のプロフィールは以前に戻してください。テレ東が受けてるからってパクリはだめです弱小キー局がかわいそうです。

 

 

 大変長く書きましたが,誰か読んでくださいましたか?ここまで書きましたが,3位から6位まで順位をつけましたが,正直なところテレ東,NHK以外は全部最下位としても良かったような。まぁ,でもランキングでしたので・・・。

 

 次回は順調にいけば衆院選ですか?次の選挙特番楽しみです。テレ東の一強時代にどこが切り込めるのか。楽しみです。