ななめログ

世の中の出来事を角度を変えて読みます。が,NFLシーズン中はそちらについても・・・。

好きな人がいることはもしかしたら良いかもしれません・・・。

まだ始まっていないドラマの品評をするのは,昔は可能だった発売前の商品にレビューをするamazonみたいで申し訳ないのです。でも多分,ほめると思うので良いですよね。

 

まず,なぜ好きな人がいることが「良いかも。」と思ったのかといえば,正直良くあるストーリーだからです。これは安心して見れます。途中で藤原さくらさんのPVと化してしまった,ラヴソング - フジテレビみたいに吃音を乗り越えながらも好きな人を追いかける(?)ストーリーかと思いきや,最後の3回くらいで急に方向性が激変してしまう,視聴者ポカーンのドラマではなさそうだから。

 

このドラマの筋であれば,美咲さんは最終的には3人の中の誰かに落ち着いてくれるはずです。もちろん,「恋はまだまだ。パティシエの道を進む」的な3人に落ちていかないエピソードも十分考えられます。

しかし,それでも上述のラブソングみたいに,「急にどっかから出てきた世界的パティシエやらIT系の社長と一緒になって,はい,おしまい。」とか「パティシエの修行のしすぎで甘いもの食べすぎて糖尿病になってパティシエをあきらめる」的な視聴者ポカーンはないと思います。

だって,それで失敗してますからね。前クールは。

 

ですので,安心していられます。視聴者(とくに女子)は,1クールのドラマの中で2,3回くらいのハラハラドキドキがあれば良いのではないでしょうか。

それももう十分フラグが立っていますね。

  1. 美咲(桐谷さん(株じゃないほうの方))は千秋(三浦さん)に嘘をついている。
  2. 3兄弟。
  3. 高月(奈々緒さん)がいる。ここら辺(どこ?)をかき回してくれる。
  4. 吉田剛太郎さんがいい感じに千秋にうまい話をもってくるのでそこらへんで悩む。

ね。もう十分フラグが立っていますね。これ以上の波乱は必要ないですね。一個ずつエピソードを回収してば,もう話は満腹です。(あくまで想像です)

 

あと,良いなと思うのは,このドラマの雰囲気が「」だからです。出演者も吉田さんを除いて爽やかです。

かつて反町隆史さんと竹野内豊さんが主演された「ビーチボーイズ」というドラマがありました。似たドラマを作る必要はありませんが,あんな感じで「夏には夏ドラマ」みたいな感じで作ってほしいです。

matome.naver.jp

 

どうなるかわかりませんが,多分ラブソングみたいにはならないと思います。ですので,初回から楽しんでみたいと思います。

好きな人がいること - フジテレビ

www.fujitv.co.jp